1種委員会のホームページへは
こちらをクリック







                              第 1 種  
 平成29年度重点目標と取り組み

                                              第1種委員長  新田 昭
  

◇ 重点目標

@協賛企業との協力体制を構築。

A福島県サッカー選手権大会 代表決定戦の観客動員2,000名以上達成。

B県内5地区の事業運営力強化。(研修会の実施)

C新規協賛社(者)の募集活動。

D挨拶運動(握手)の展開・実践。

 

◇ 取り組み

    昨年度を振り返り、1種委員会の各種事業が無事実施、終了しました事を、この場を借り

て御礼申し上げます。

さて、今年度1種委員会では、上記5項目の重点目標を掲げて取り組んで参ります。この

目標を達成するために、一種委員会の各種大会に参加されるチームの皆様に、実践していた

だきたいことがあります。

<チーム運営について>

@競技力向上はもちろんですが、チーム運営力強化についてご尽力下さい。

A会議・提出書類等の期日・時間厳守。

B運営費会計の透明化。

任意のチームであっても、必ず会計報告を行う事で組織内の信頼関係を構築出来ると考え

ます。

C各種会議についてはチーム内で責任のある立場の方が出席するようにお願い致します。

審議事項或は、決定事項について、責任ある方のご判断をお願い致します。

D選手の登録・移籍時は、必ず本人の意思確認をして下さい。可能であれば選手と契約を結

ぶという観点から書面での取り交わしが有効です。

E積極的に他チームと交流を図って下さい。他チームは敵ではなく同じサッカー競技を愛す

る仲間です。

F(一財)福島県サッカー協会の大会運営にご協力をお願い致します。

G会場・施設・用具等、物を大切にしましょう。

 

各事業開催には、事前の準備・段取りが重要であり不可欠です。

(一財)福島県サッカー協会1種委員会とチームの皆様のご協力により、成り立っております。

又、サッカーをプレーするだけではなく、資金運用の透明性を含めたチームマネジメント

が重要です。私たちは、競技力はもちろん、チームマネジメントを含めたサッカーに取り組

む姿勢というものについて模範にならなくてはならないカテゴリーです。様々な面で、全国

に誇れる福島県となれるようよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

最後になりますが、1種委員会組織もより強固なものを目指して取り組んで参ります。

1人の者だけが分かっているようでは、組織とは言えません。私たちは組織として情報の共

有、権限の移管、報連相を実践してリーダーシップを発揮していきたいと思っております。

何か不明な点がありましたら、各地区・各連盟の担当者にご一報をお願い致します。

   平成29年度も挨拶運動を積極的に展開し、互いに健闘を称えて握手をしましょう!