2 種
平成29年度重点目標と取り組み

                                          第2種委員長  小林 幸大

◇重点目標

2種委員会登録チーム・選手の強化育成と競技力の向上を図るとともに指導者・審判員を

育成し、2種委員会の組織力の強化を図る。

 

選手の強化育成

@世界に通用する選手を福島県の2種から輩出する(日の丸をつけ、W杯に出場る)

A年間を通して質の高いトレーニングを継続して行う

B学年(年齢)に見合った指導の中で、人間的成長を図り自立を促す

C各地区独自の方法による強化育成を図る(合同練習会、選抜チーム結成など)

D3種・4種委員会との育成の連携を図る

チームの競技力向上

@海外や県外の強豪チームと真剣勝負する機会を作る

A全国大会・東北大会で活躍できるチーム作りを目指す

B「第12回高円宮杯U-18サッカーリーグ福島県リーグ2017」のさらなる充実を図る

C女子部の運営基盤を確立し、競技力向上への足がかりとする

指導者の育成

@指導者公認ライセンス取得を推奨する

A上位大会の視察を積極的に行い、記録をまとめ県内の指導者で共有する

B人材(特に若手)を発掘していく

    審判員の育成

@登録チーム帯同審判員制度を徹底し、質的向上を目指す

Aユース審判員を育成するための研修の充実を図る

Bリーグ戦等でユース審判を登用し、活動の場を提供する

    組織力の強化

@主管大会(プリンスリーグ・東北総体・東北新人選手権)や各県大会運営の円滑化と効率化

を図る

A過密日程解消のため、年間計画・大会方法・日程等の見直しを行う

B(公財)日本サッカー協会や他県FAとの協力体制を確認する

全国・東北リーグ等の運営や、技術・審判等各係における協力など

C緊急事態対応の再確認を行う

大会開催時の突発的な悪天候・地震・津波に対する対応を確認する

(各チームの所属する協会、市町村の対応を確認する)

原発事故に対する情報収集に努め、迅速に対応できる準備をする

Dホームページ・eメール等の利用による事務作業の軽減と効率化を図る

E公式記録のデータ化を行う

県大会の準々決勝以降における戦評を公式記録とともにまとめる

F施設の有効活用について検討する

既存の施設のみならず、フットボールセンターやJヴィレッジなどの活用

方法を検討していく

集客が見込める試合の開催場所の選定については、スタンド付きの施設を

優先的に考えていく