マッチコミッショナー委員会                 

2018年度 「重点目標」と「取り組み」


                                                   委員長 長谷川 正朋


◇重点目標

1)委員会としての組織つくり

2)マッチコミッショナーの登録管理

3)養成・資質の向上

4)育成研修会開催による人材発掘

5)派遣・割り当て体制の確立

 

◇取り組み

    1)既取得者に対してインストラクターを派遣しフォローアップ

    2)上位カテゴリーライセンスホルダによる水平展開

    3)各種別との連携による相互の役割認識

 

    マッチコミッショナーは、観戦者へ安全面の配慮も必要であり、競技者にはフェアプレーの重要性と競技規則を遵守させ、サッカー競技の品位を保つように配慮することも重要です。

 そのため、公平性と大会実施要項に沿った質の高い運営を行うため、とても重要な役割を担うことになります。

 

    1トラブルを未然に防ぐ

    2)トラブルに的確に対応する

    3周囲とコミュニケーションを図る

 

    円滑に競技運営全般が進行し、安全で快適な観戦環境の提供に寄与できるよう取り組んで参りますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 県内のJFAマッチコミッショナー資格保有内訳

      ・Jリーグマッチコミッショナー  4名

      ・Fリーグマッチコミッショナー  1名

      ・47FAマッチコミッショナー 23名