シニア
 平成29年度重点目標と取り組み
                                                シニア委員長  三本木 伸也

 

◇ 重点目標

(1)各地区シニア登録の拡大を図る。

(2)40歳、50歳シニアリーグの充実を図る。

(3)60歳シニアリーグを開催し充実を図る。

(4)生涯現役を目指す。

 

◇ 取り組み

1)登録人数を増加させる。

・HPを活かした広報活動や各地区高校OB戦等をとおして勧誘活動をする。

(2)シニアリ−グを充実させる。

・大会要項、開催場所、日時等を検討し多くの選手が参加できる環境を整える。

(40歳以上、50歳以上のリーグ戦を年間6試合行い各1位・2位チームが

翌年の東北大会に参加することによって、多くの選手出場及び上位を目指す)

(3)60歳、70歳の活動を更に推進する。

・南3県シニアリ−グ(宮城県、山形県、福島県)に参加する。

・福島60の3チームリーグ戦を福島民友社の協賛を得て開催します。

・福島70チ−ムの、東北及び全国大会出場を応援していく。

  (4)東北シニアフェスティバルの参加を推進する。

     (東北シニアサッカー選手権大会に出場しない県内シニアサッカーチームから

2チームを推薦し東北大会出場の経験をして他県チームとの試合からサッカー

の楽しさ、技術の向上を図る)