CONPETITION大会情報 2種 - 高校生

2020年度

2020/08/22〜2020/11/07

第99回全国高等学校サッカー選手権大会福島県大会

創部25年 学法石川高等学校 初優勝! 全国高校サッカー選手権大会出場決定

11月7日に行われた第99回全国高校サッカー選手権県大会決勝で、学法石川がCKから、右サイドのクロスから2点先制し、聖光の攻撃を守備陣が体を張ってゴール前を死守して終了直前にダメ押しゴールを決め3-0で勝利し、創部25年目で初の頂点に立った。準決勝で6連覇中の尚志を破り、迎えた決勝。新型コロナウイルス感染防止で全席指定となった応援席には、チームカラーの紫を身に着けた歴代OBが駆け付け、悲願の頂点への選手らを後押しした。稲田監督の就任当初、部員は15人程度でトレーニング環境にも恵まれなかった。大学時代等の友人を通じて県外遠征や選手確保を行い、少しずつ強くなっていった。今は寮と専用グランドができ、恵まれた環境となった。学石イレブンはサッカーができることへの感謝を胸に全国大会での勝利を誓った。

初優勝に導いた学法石川 稲田正信監督(43歳)優勝コメント

創部25年目で、初の頂点に導いた。「こうやって選手やOB、スタッフみんなで喜ぶ日がいつか来ると毎日想像していた」。試合終了後のホイッスルとともに、目に涙を浮かべた。「うちはそこまでこの技術が高いチームではない」と、組織的な守りを磨いた。選手にはフィジカル強化を課し、球際や空中戦での強さを身に付けた。県大会は4試合でわずか1失点。決勝では守備陣2人が負傷退場するアクシデントがあった。「ゼロに抑えられる気はしていたと選手への信頼が揺るがなかった。」

就任14年目だが、「あっという間だった」と振り返る。「子どもたちと一緒に未知の世界を楽しみたい。このチームはまだ強くなれる」。初の全国大会を心待ちにしている。

 

ARCHIVES年度別データ

SCHEDULE年間スケジュール

※更新のタイミングにより、実際の予定と異なる場合がございます。予めご了承ください。

  • HOME
  • 大会情報
  • 第99回全国高等学校サッカー選手権大会福島県大会